ギター弦の張り方

ギター弦の貼り方

  • ギターネックにも優しいです
  • チューニングが狂いずらい
  • スピーディに張替えられます

弦は必ず一本ずつ交換する

一度に全ての弦を外してしまう方法は、お勧めしません。
ギターネックは常に、弦の張力に負けないよう反対側にも力が加わっています。
全ての弦の張力が一度になくなってしまうと、ネックのその力だけが残りネックに相当のダメージを与えてしまいます。

ペグに巻き過ぎない、巻かな過ぎない

ペグに弦を巻きすぎると、その分チューニングが安定しません。
しかし巻く回数が少ないと、弦が抜けてしまう恐れもあります。
下記でご紹介する方法であれば、適した長さを巻くことが出来ます。

余計な弦は必ず、切断

弦を巻き終わった後、通常であれば巻いた余りが残ります。
この部分を切断せずに演奏すると、かなり危険です。
随分昔に「余った弦を切ると音が死ぬ」なんて聞いたので、残したこともありましたが、私には効果が感じられませんでした。

古い弦を取る

1
古い弦がベロンベロンになるまでペグで緩め、12フレットあたりで切断。
※おおよそ半分くらいになるので、捨てる時に丸めやすいです。
新しい弦を通す前に、ペグの穴を他の弦と水平に向けておきます。

弦を通す

2
ブリッジに弦を通し、その後ペグに弦を通します。
指を離して弦をねじれを取り除いてから、次のステップへ。

弦を引っ張る

3
弦がブリッジやナットの溝にはまっているのを確認。
フラットトップギターの場合、ボールエンドに遊びがある場合があるので要チェックです!。

1cm戻す

4
ピンと張った状態で、1cm程度弦を戻します。
この戻した部分がペグに巻かれる部分です。
ペグの太さや弦の太さによって、適切な長さが変ります。

内側に折る

5
ペグを締める際の回転方向とは逆側に、弦をしっかりと折ります。

弦の下に通す

6
内側に折られた弦を、ナットとペグの間にある弦の下をくぐらせます。
この時にしっかりと張りを保っていないと、隙間のある悪い巻き方になってしまうので注意が必要です。

弦を折る

7
内側にくぐらせた弦を、今度は上のほうから返します。
この時にもしっかりと張りを保ち、隙間が出来ない用に折り返します。

弦を巻く

8
弦をしっかりと張りながら巻いていきます。
この時、大まかなチューニングをしながら行いましょう。
巻き終わったら、5mm程度残して余分な弦を切断します。