若い頃楽しんだ弾き語りをもう一度趣味で

若い頃楽しんだ弾き語りをもう一度趣味

中高年からもう一度ギターの弾き語りを

若いころ、フォークソングギターを弾いていて、
長いこと離れていたが、もう一度やりたいという方をはじめ、
ロックバンドに憧れて、やりたかったができなかった、
途中で挫折した、ボケ防止に何か音楽を始めたいと思っていたなど、
最近になって時間と余裕ができ、きちんと習って上達したいと考えている中高年の方はたくさんいらっしゃることでしょう。

中高年からギターを始めるにあたって気をつけておくこと

若いころにやっていても、忘れてしまっていたり、楽譜が読めない方も多いと思います。
「基本的に若い頃やっていたから…」と思っても、昔とは違うところが多々あります。
まずは「指の動きが昔より遅くなっており、若い時と同じ感覚でギターを練習しても思っているように指が動かない」
「練習し過ぎて腱鞘炎になったり、肩こりや腰痛になってしまった」
「楽譜やコードなど新しいことを学んで覚えるのに時間がかかり、しかも次の練習まで時間が空くと忘れるのも早い」
「独学で思い立ってはじめても三日坊主で、徐々にモチベーションが下がり面倒くさくなってくる」
など、長続きしにくいことも多いようです。

きちんとプロに習うことで弾き語りを楽しめる

中高年の方に対しては、チューニングの仕方や楽譜の読み方、ピックの持ち方からレパートリー習得まで、
その方にあったペースのオリジナルカリキュラムを組みます。

プロについて習うことで、一定のモチベーションを保ちつつ
昔懐かしいフォークソング、チャレンジしたかったブルースなど、
ジャンルに捉われないオールマイティなレッスンを行います。
音楽教室 ウーパーの弾き語り講座は、歌もギターも学べるお得な講座です。

  【要約】
最近になって時間と余裕ができ、若い頃楽しんだ弾き語りをもう一度趣味でやりたいと考えている中高年の方はたくさんいらっしゃいますが、若い頃と同じ様にはできないことも多々あります。