身軽に活動できるギターの弾き語りでプロミュージシャンになろう

プロミュージシャンになりたい!

音楽が大好きでプロのミュージシャンになりたい!という人は多いと思います。
今や音楽性も多様になり、歌が上手いなどのクオリティが高いだけではプロミュージシャンになるのは難しい時代となりました。

そんな時代だからこそ、「社会人になって急に音楽がやりたくなった」とか「上手くはないけど音楽が好き!」といった音楽のキャリアのない人でも、独自の個性が認められてプロミュージシャンなったという人が増えています。

プロミュージシャンになる手段

音楽でプロミュージシャンになりたいという人で多いのが、シンガー(ボーカル)ではないでしょうか。
では、歌でプロミュージシャンになるにはどんな方法があるのでしょうか?

①レコード会社やTVなどでオーディションを受ける。
②バンドを組んでメジャーデビューする。

最短でプロミュージシャンになれるのは①だと思いますが、大変勇気がいりますよね。
しかも、TVなどの募集なら、すごい数の応募者が殺到してしまいます。

では、②はどうでしょう。
まずは音楽性の合うメンバーを集めてバンドを組まなければなりません。
また、メンバーもある程度は楽器の弾ける人を集めないと、ライブ活動はもちろん練習でさえおぼつかない状態となります。
また、ライブや練習はメンバーの予定を合わせなければならないため、良いメンバーが集まったとしても、「スケジュールが合わなくてライブができない」といった事態がしばしば起こります。

身軽に活動できるギターの弾き語り

歌でプロミュージシャンになるには、ギターの弾き語りがお勧めです。
バンドなどと違ってギターを弾けるようになれば一人で練習でき、ライブ出演も自分だけで決められ、身軽に音楽活動が始められます。
また、弾き語りはバンドサウンドよりも世界観が出やすいため、バンドよりも評価されやすいといった面があります。

プロになりたいなら、まずは人前に多く出て、多くの人に見てもらうことが大事です。
一人で身軽に音楽活動できる弾き語りをマスターしてライブハウスなどに多数出演し、露出を増やしましょう。

ギターの弾き語りを習うなら、音楽教室ウーパー(wooper)にご相談ください。
音楽教室ウーパー(wooper)はレコード会社も運営しており、メジャーデビューを目指すミュージシャンを力強くサポートしています。

詳細情報はコチラ→魅力と強み

【要約】
プロミュージシャンになるには露出を増やすことが大事です。
ギター弾き語りなら自分だけで練習やライブ出演を決められ、身軽に音楽活動ができるため場数を踏むことも簡単です。