インディーズレーベルで活動する

今さら聞けない「インディーズ」の意味

音楽業界やミュージシャンの間で語られる「インディーズ」とは、independent label(インディペンデント レーベル)の略で、
大資本のレコード会社(メジャー)に対して、小規模な独立系のレコード制作会社、
またはそこに所属するアーティストを指します。
大手レコード会社は、日本レコード協会に加盟している企業のことで、商業性を第一とするため収益を重視します。
そのため、デビューに際しては全国規模でのプロモーション活動によって、アーティストの知名度は飛躍的に上がるほか、
強力なバックアップ体制で目立った活動ができます。

しかし、宣伝費や人件費などはアーティストの収益から差し引かれるため、ヒットしても利益は本人の収入に結びつきにくいものです。
また、所属アーティストの音楽活動に介入する度合いが高いため、会社側の意向で活動内容に制限が加わったり、方針転換せざるを得ない状況に直面する場合もあります。

インディーズが支持される理由

インディーズの最大の特色は、所属アーティストの音楽性を重視し、本人らの望む方向性で自由に音楽活動ができることです。
アーティストの収益の比率が大きいこともメリットの一つですが、これは裏を返せば宣伝費が少ないために認知度を上げるのが難しい、というデメリットにもなっています。
どんなに良い曲でも、宣伝力が弱いと売れにくいのが現状ですから、メジャー系に比べるとインディーズは地味な印象に映ったり、アマチュアミュージシャンだと誤解される場合すらあるのは残念です。

しかしひとたび大ヒットすれば、メジャー系アーティストよりも、はるかに大きな収入につながる可能性があるのが、インディーズの魅力とも言えるでしょう。

ファンとの交流で基盤を築くインディーズ

所属会社からの制約が少ないインディーズのアーティスト場合は、ファンとの距離が近いのも特色です。
個性や音楽性を支持するコアファンに支えられているインディーズのアーティストは、ライブで一緒に写真撮影するなどのファンサービスやコミュニケーションがより親密にできることが多く、絆がいっそう強まります。

さらに現在では、SNSや動画などを介して情報のスピーディな共有や拡散が簡単にできるので、口コミによるファン層の拡大も期待できるなど、本来の宣伝力の弱さをカバーすることにつながっています。

インディーズ系アーティストに求められること

「自由な音楽の追求」はインディーズのモットーですが、それだけに、独りよがりや自己満足に陥りやすいという落とし穴に注意しなくてはなりません。
いつまでも「分かるヤツだけに分かればいい」という姿勢では、遅かれ早かれ行き詰まる可能性があるのが、プロの世界の厳しい本質です。

インディーズも、立派なプロ。人に聴いてもらってこそのプロですから、いつも共感性のアンテナを張っておき、時代の求めるものを敏感に察知し、先取りするセンスを養うことが、インディーズで成功する秘訣と言えそうです。


【要約】
インディーズとは、大手レコード会社に対して、小規模な独立系のレコード制作会社、または所属アーティストを指します。
収益性より音楽性を重視した活動ができることが最大の特色です。
音楽教室wooperは、ボーカル講座ギター講座ギター弾き語り講座作曲講座・音楽理論講座など、様々なシーンで活動するアーティストを強力にバックアップいたします。