ギター講座

ギター練習のコツ

沢山ギターを練習しても上達が感じられない。
では実際に、何を練習すればよいのか。
練習方法と適切な目標を定めるのも、音楽教室wooperの大切な役割です。

プロを目指す

耳コピも出来る。
速弾きも出来る。
だけどそれは人の曲を演奏する「ただの練習」で、それだけでは実際の仕事には使えません
今演奏したメロディやコードがなんだったのか。
理論的な解釈を持って練習することで、これからの練習が全て自分の財産に変わります。
しっかりした理解は、応用力を育てます。
例えばコード譜を渡された瞬間に、その曲にあったバッキングやソロを創造する事が出来る。
そんな技術が、プロフェッショナルには最低限必要です。
正しい練習で、応用力・順応力と経験に基づく自分らしさを手に入れましょう。

趣味を楽しむ

楽譜は読めないけどTAB譜なら弾ける。 簡単な曲なら演奏できる。 趣味を楽しむ方の多くは、実際に演奏するとリズムが合わなかったり、音が汚かったりします。
その理解が無い状態では、幾ら練習を重ねても上達は遅く、人に聞かせても「カッコ良い」というレスポンスは期待できません。
基礎の運指は勿論、リズム練習も徹底することで、CDで聞くような演奏は比較的簡単に身に付けられます。
そしてそれは、一生無くならない財産になるでしょう。
正しい練習方法を学ぶことで、成長は加速します。
そしてなにより、成長の感じられる練習は楽しいです。
正しく楽しい練習方法で、美しい演奏力を手に入れましょう。

効率よく確実な上達のための練習方法

ギターアドリブソロ

やはり憧れであるギターソロ。 ペンタ一発でロックを決めるのも素敵です。
しかし、正しくペンタトニックスケールを理解している方は割と少ないように思います。
手癖だけでは毎度同じようなソロになってしまいがちです。
コードスケールを理解してジャズは勿論、様々なジャンルに対応できるのは器用で素敵です。
しかし、何から手を付けるべきか分からない方は当然多いです。
現在のレベルに合わせて順序良くレッスンを行い、困難なことでも確実に身に付くレッスンをお約束いたします。

ギターバッキング

コードってそもそも何なのか。
そんな疑問を持たれる方が多いです。
レベルや目標に合わせて、ちょっと難しい勉強も行います。
左手のボイシング(音の並び方)は勿論、右手を効率よく使うための練習も徹底します。
ピックを使ったコードストロークから、フィンガーピッキング、またボディタップまで、目標を定めて応用力ある技術を身に着けましょう。