D’Addario NS LITE CAPO

カポの使い方

CP-200-0001
私は音楽理論を当然勉強をしているので、『オープンコード しか使えないから カポ を使って ギターを弾く』という考え方が好きじゃないです。

複雑な音楽理論なんて必要なく、少しだけの知識だけでよいんです。
それだけで、演奏技術的にも音楽的にも、可能性は大きく広がると思います。

ネックの振動

というこで 音楽教室 wooperでは安易にカポを使うことは推奨しないのですが、音楽的な目的で使うのにはお勧めしております。
guitars
ギターのネックを良く振動させると当然倍音は膨らみ、ふくよかなアコースティックサウンドを生みます。
逆に、ネックの振動がギター弦の振動を殺してしまうので、サスティンは短くなります。
※マンションの免震構造みたいなものですかね??
前者を求める場合、ネックの振動を止めないようにしなくてはいけません。

複雑な話は長くなるのでここでおしまい。(笑)
今回はカポのお話です。

新しいカポ買ってみました

先日、カポを買ってみました。
「D’Addario PLANET WAVES NS LITE CAPO」
D'Addario カポ
なんとこれ、樹脂で来ています。
その為凄く軽い。

新しいカポの感想

重量の軽いカポはネックの振動を殺しにくいです。
その為、よくギターを載らしてくれる好みのカポタストでしたね。
実際に音も随分と違いますよ!
お試しあれ。