ボーカルスクールで高音を出すためのコツを学ぶ

高音をきれいに出すには、様々なコツがあります。こちらでは、高音を出すコツをご紹介します。

歌うときの基本は腹式呼吸

歌うときの基本は腹式呼吸

呼吸は声帯を振動させるエネルギーであり、呼吸によって息をコントロールすることは、高音を出すだけでなく安定して歌うために必要です。呼吸法には、肋骨を大きく広げて肺の上部で呼吸をする「胸式呼吸」と、肺の下部にある横隔膜を使って呼吸をする「腹式呼吸」の2つがあります。そして、歌う際には腹式呼吸が良いとされています。

理由は、胸式呼吸では吸い込む息の量が少なくなる、胸・肩など発声に関わる筋肉などに力が入ってしまうなどが挙げられます。そのため、胸式呼吸は息のコントロールが難しくなり、高音・低音が出しにくくなったりするのです。

腹式呼吸の練習方法としては、仰向けの状態で呼吸をして腹式呼吸の感覚を掴む方法があります。
練習する際は、吸ったときにお腹が膨らみ、吐いたときにお腹がしぼむことを意識しましょう。腹式呼吸に慣れていないと呼吸と同時に肩や胸が動くことがありますが、お腹以外はあまり動かさないようにするのがポイントです。

喉を開く

喉を開く

高音を出すには、喉を開いて発声することが大切です。
喉を開くとは、声帯から口腔全体を拡張することを意味します。
喉を開いて歌うことで呼吸を上手に活用しやすくなり、声帯の振動による音と共鳴して豊かな音色が美しく広がります。

喉を開くには大きく口を開き、大きく息を吸います。このとき喉の奥が冷たく感じたり、あくびをしたときに近い形になっていたりするのであれば、喉が開いた状態です。そのままの状態で声を出したとき、やや高めのトーンが出れば成功です。普段から喉を開いて歌うことを意識することで、自然と高音を出しやすくなります。

ファルセットを活用する

ファルセットとは、息の音が混ざった声を意味します。軽やかで淡く広がるようなトーンとなりますが、たくさん息を吐き出します。しかし、ファルセットを活用することで音域の幅が広がり、きれいな高音も出しやすくなるのです。

また、トーンも豊かになるので表現の幅が広がります。高音をきれいに出せるようになることで歌う楽しさが増えて、もっと歌が好きになります。上記の方法だけではなく、ボーカルスクールに通うことで高音の出し方はもちろん声の出し方やリズムの取り方など、歌が上達するコツを効率よく学ぶことができます。

東京のボーカルスクールwooperで上達を実感

東京の音楽教室wooperは墨田区錦糸町にあるボーカルスクールです。
錦糸町駅から徒歩3分の場所にあり、マンツーマンでのボーカルトレーニングを行なっております。
初心者からプロを目指す上級者まで、お客様一人一人に合わせて作成したカリキュラムでレッスンを行い、飛躍的な向上を目指します。プロミュージシャンや声優など、レッスン経験豊富な講師陣によるトレーニングだからこそ、上達を実感できるはずです。錦糸町でボーカルスクールをお探しでしたら、ぜひ音楽教室wooperに足をお運びください。

錦糸町のボーカルスクールでマンツーマンのレッスンなら【音楽教室ウーパー】概要

名称 音楽教室ウーパー
所在地 〒130-0013 東京都墨田区錦糸2丁目7−9 1F
電話番号 03-5608-0153
URL http://wooper.jp
説明 東京・錦糸町にあるボーカルスクール・音楽スクール【音楽教室ウーパー】です。ボイトレ・ギターレッスンから作曲・音楽理論を学べる講座などを開催しております。無料体験レッスンもございますので、初心者の方もお気軽にご利用ください。声優やタレント、オーディション審査経験も豊富な講師陣があなたをサポートいたします。
業種 東京のギタースクール、ボーカルスクール
最寄駅 錦糸町駅
都道府県 東京都
市区町村 墨田区

コラム

音楽教室で得られるもの
歌が上手くなる方法
高音を出すためのコツ
ギターが上達する練習方法
結婚式の余興にピッタリ!ギターの弾き語り

プロの音楽家になるには
ボイストレーニングの際に気をつけること
歌唱力について
ギター初心者のための音楽理論
ギター弾き語りができるようになるコツ