1949製 Gibson ポットをゲット!

001
ギターのサウンドは、当然ながら「これだけで変る」ってことは無く、色々な要素とそれらのバランスで決まるんだと思います。
ただエレキギターにおいて、最も音が変ると断言したいのが、配線周りです。

ボリュームポット、コンデンサー、ジャック、またそれらを繋ぐ配線材(海外だとharnessって言うのね。ハーネス?)だけで、ヴィンテージサウンドは大よそ作れると自負してます。
どこに注目して「ヴィンテージサウンド」って言っているかにもよると思うのですがね。
また同じヴィンテージでも、勿論色々ありますよね。

ということで、海外で見つけるとすぐに買ってしまうヴィンテージのハーネス。ああ、私の愛しのハーネス。(覚えたての単語を連発します)

今回は1949年のGibson ES-125、もしくは150あたりについてたものをゲット。
IRC pots 500K…1個
IRC pots 1M…1個
Gray tiger CAP…1個
switchcraft JACK…1個

凄すぎるハーネス。
コンデンサーも他の機器に使われているのではなく、ギターから取ったものなのでコンディションも上々。
よほどマニアックなお店見つけられたとしても、5万出したって買えないでしょう。
おそらく売られることはほぼ無いと思いますが…。

ただ…
買ったのは良いのですが、今持っているエレキの現行モデルは全部ビンテージハーネスになっているので、出番なしです。アウアウ。