アーカイブ

最近の投稿

カレンダー

December 2021
M T W T F S S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ギャンブルをこよなく愛する著名ミュージシャン

Spread the love

ギャンブルは何世紀にもわたって人々にエンターテイメントや娯楽を提供してきました。ギャンブルは勝利の喜び、そして負けてもくじけない不屈の精神を呼び起こします。そのため、ギャンブルは一般的なゲームとは比較にならない桁違いの楽しさを生み、人々は気づかないうちにのめり込んでしまうのです。ギャンブルというゲームはたった一度だけでも巨額の大金を勝ち取る可能性を秘めているため、やりがいを感じずにはいられないのです。

通信技術の発達と、オンラインギャンブルサイトの増大で、ギャンブルは今や世界中の全ての人たちの手に届くものとなりました。オンラインカジノで遊ぶことができるゲームの数は膨大で、ギャンブルの楽しみ方はこれまでになく多彩になっています。

歴史に名を残す多くの有名人の中にも、ギャンブルをこよなく愛し、習慣的にギャンブルを楽しんでいた人々がいました。その中には誰もが知っている有名なミュージシャンやポップスターも含まれています。

今回は、ギャンブルが大好きだったミュージシャン5名と彼らのストーリーをご紹介します。

1. グラディス・ナイト

グラディス・ナイトはソウルの女帝として知られる音楽界の象徴的存在です。彼女は自伝の中で、どれほど賭け事やギャンブルが好きだったかについて語っています。そんな彼女が大好きなゲームはバカラでした。かつてはこのゲームに夢中になって、ほぼ全財産を使い果たしたことがあるそうです。幸い、彼女はギャンブルに依存していた時代を経て、最終的にギャンブルと縁のない幸せな生活を楽しむようになりました。今でもたまにはゲームを楽しんでいるそうです。

2. レミー・キルミスター

ベース、激しいダミ声のヴォーカル、かつモーターヘッドの主宰者であったレミー・キルミスターもギャンブル愛好家で、ギャンブルにのめり込んでいました。特にカードゲームとスロットマシンに大変興味を持っていました。自分のアパートの部屋にスロットマシンを設置して、コンサートの合間によく遊んでいたそうです。彼は、音楽をやっていない時や、フリータイムはすべてギャンブルをして過ごしていたそうで、かなりの金額を勝ち取ったこともありました。

3. ネリー

ネリーは著名な歌手であるだけでなく、作詞家、俳優、投資家、かつ起業家でもあります。しかしこれらすべて以外に彼が打ち込んでいるのがギャンブルです。彼はカジノでポーカーをプレイするのが好きで、世界中を飛び回って様々なポーカーゲームに参加しています。

4. フランク・シナトラ

フランク・シナトラは音楽界において、レコードの最大売上数を達成したアーティストの一人で、世界中で膨大な数のレコードを販売しました。シナトラは、ミュージシャンという肩書きの他に、度々カジノへ通うギャンブル愛好家だったこともよく知られています。

5. Pディディ

ニューヨーク出身のラッパー兼作詞家であり、ラップと音楽的な能力において世界的に有名な彼は、ギャンブル愛好家であることもよく知られています。彼が一番好きなゲームはブラックジャックであることから、音楽界のブラックジャック大使としても知られており、カジノのオープニングやイベントによく招待されています。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
ご意見をお聞かせください。x
()
x